札幌に観光へ行こう

札幌は北海道の県庁所在地です。北海道の空からの玄関といえば新千歳空港があります。新千歳から札幌市内までは、電車で30分、車(バス、タクシー)では1時間強かかります。
意外に距離があると感じた人も多いでしょう。なにせ北海道は広いですから。どれくらい広いかというと、関東地方がすっぽりと入ってしまって、さらに余裕があります。
札幌から帯広や函館、釧路などの各地への交通はあるものの、広さの関係上移動には時間がかかります。
観光で札幌へ訪れるときは、他の観光地へ向かうときの移動時間もよく考えてから計画することが大事です。

ちょっと変わった札幌土産

北海道最大の都市「札幌」。観光や仕事で訪れることも多いはずです。そこで困るのがお土産です。定番はやはり「白い恋人」です。とても美味なお菓子ですが、あまりに当たり前すぎて喜ばれない可能性もあります。そこで、たまには変わったお土産はいかかでしょうか。
札幌のシンボルに「テレビ塔」があります。1957年に完成した電波塔です。そのテレビ塔のマスコットキャラクター「テレビ父さん」グッズはいかかでしょうか。緑色の腹巻のテレビ塔ぽいオッサンです。一見して手抜きとも見えるゆるいデザインは、全ての年代を和ませることが出来るでしょう。道外ではきわめてマニアックなので、面白がられること間違いなしです。Tシャツやぬいぐるみが人気です。食べ物が良い方はクッキーやラーメンもありますよ。実はもともと非公式キャラクターでしたが、テレビ塔の売店でも売っています。
他のキャラクターグッズのお勧めは「ジンギスカンのジンくん」もいいのではないでしょうか。ジンくんはジンギスカンの材料となる羊のキャラクターです。そのくりくりした瞳と丸っこい体が北海道では人気です。道内のジンギスカンイベントには大抵出演します。グッズとしては定番のぬいぐるみはもちろん、ジンギスカンの時に使える食器類もありますよ。
北海道札幌では超有名なキャラクターグッズで笑いを誘ってみてはいかかでしょうか。

札幌で暮らすメリットについて

今回は札幌で暮らすメリットについて紹介していきます。

まず、札幌といってもたくさんの区や町がありますからそこの場所によっては異なりますが、最近ではいろんな店や物件が出てきているので住みやすくなっているとおもいます。
どこに住んでも札幌はほとんどが便利で生活のしやすいとところだと、思っています。
例えば、コンビニが近くにある。徒歩5分以内の所に最低2つくらいはあると思います。こだわりがある方は選ぶようですが、こだわりがない方は近くにコンビニがあればなんでもいいと思います。
地下鉄一本でいろんなとこに行ける。
これはすごく便利だと思います。車がない方や小さいお子さんがいる方でも、自分の住んでる町の近くに求めてるお店が無かったとしても、地下鉄一本で求めてるお店に行けることも多々あります。
大抵大通りや札幌駅に降りればほとんどのモノや食べ物屋さんが置いてあると思います。性別、年齢を気にせずに楽しめる町だなぁっと感じます。
夜の札幌もいいですね!
安くて美味しいお店や静かにしっとりと飲める店もみんなで楽しくワイワイ呑めるところ、、、などなどたくさんあるので大人の方々はこれを楽しみにしている方もいますね。
どーでしたか?参考になりましたでしょうか?
宜しければ札幌に足を運んでいただけたらなと思います。
最後まで読んでいただき有難うございます。

札幌で必ず購入したいお土産

札幌というえば、日本を代表する旅行に行きたい場所です。
自然に囲まれた景色はもちろん、やはり札幌といえばグルメです。
自然が多いからこそ美味しい野菜、酪農、海に面した立地だからこその新鮮な海産物など札幌には美味しい食文化がたくさんあります。
そんな札幌に行った際に購入したいお土産を紹介します。
まずは定番中の定番とも言える「白い恋人」です。
今では日本人だけでなく海外観光客にも大人気で各地空港で販売されているほどの日本を代表するお土産になりました。
白い恋人を渡せば、何も言わなくても北海道に行ったことが分かるような代表的なお菓子です。
次に北海道といえば美味しいジャガイモが有名ですが、そこから作られた「じゃがポックル」です。
お菓子なのにしっかりとしたジャガイモ感が感じられ、一時期は品薄になるほど人気がありました。
小さい袋に入っているのでばらまきにも良いお土産といえるでしょう。
今札幌土産として人気が上昇しているものといえば「三方六」です。
三方六はミルクチョコレートとホワイトチョコレートをコーティングしたバームクーヘンなのですが、バターや卵や砂糖など材料をすべて北海道産の物をしようしているというこだわりです。
札幌には他にもたくさんのお土産があるのでたくさん買って食べ比べてみるのも良いもしれません。